注目されている太陽光発電について勉強してみましょう。

 

・ホーム

・太陽光発電って何?

・太陽光発電のメリット

・太陽光発電の仕組み

太陽光発電システムと機能性

・太陽光発電の特徴

・太陽光発電の導入までの流れ

・太陽光発電の利用

・太陽光発電のQ&A

・リンク集

・お問い合わせ

地球にやさしい未来のエネルギー

 

太陽光発電のある暮らしには、たくさんの「良いこと」があります。

環境にも配慮されていて、光熱費も抑えられるし、停電の時には、自立運転といったシステムで電気を供給します。

今回は、そんな魅力的な太陽光発電のことをご紹介していきます!

 

〔 太陽光発電の魅力について 〕



  ・現在、太陽光発電は、いま、最も注目されている自然エネルギーです。今では地球温暖化はどんどん

  進み、その原因は二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスであると言われています。

  日本は2008年から2012年までに温室効果ガス(二酸化炭素など)を6%削減するという目標を決定してい

  ます。その対策のひとつとして、国も推しているのが太陽光発電なのです。

  太陽光発電は一般的な化石燃料を燃焼させる発電ではなく発電時に二酸化炭素を出さず、騒音もなく、

  排気ガスも排出しません。とても環境にやさしいクリーンなエネルギーなのです。北海道や東北地方では

  このような太陽光発電による電気を使用する床暖房を初めとする暖房器具の使用は、「空気汚染防止」

  「温暖化防止」の貢献にも繋がってきます。地球環境が危ぶまれている今こそ、環境を保護し守る事が

  大切ではないかと思います。

 

 

〔エネルギー自給を太陽光発電で! 〕

 

  ・近年、いろんなメディアや新聞でも紹介されている「太陽光発電」は「温暖化が進む地球に優しい電力」

  といわれています。でもどうして今、太陽光発電なのでしょう?どのような特徴があるのでしょうか?日本

  は2010年までに二酸化炭素の6パーセント削減を目指しています。しかし日本では、産業・民生・運輸の

  各分野のエネルギー消費量が年々増え続けています。そこで今、消費エネルギーの削減、つまり省エネ

  と共に、エネルギー資源そのものの根本的な見直しが問題されています。そこで注目されているのが、

  太陽光発電です。太陽光発電の場合、地球温暖化の要因のひとつである、二酸化炭素の排出が、発電

  時でゼロです。まさに理想なクリーンエネルギーです。二酸化炭素は、石油などの消費によって排出され

  ます。たとえば、日本では1998年度の総合エネルギー統計によると石油が52%を占めています。石炭が

  16%、天然ガスが12%、原始力は16%です。さらに水力・地熱は4%です。日本のこのような化学燃料

  依存の現状は、二酸化炭素などの環境問題だけが問題ではありません。石油をはじめとする天然資源

  は、近い将来には不足すると言われているなかで、太陽光発電のエネルギー源である「太陽の光」は 

  太陽が活動をやめない限り、無限のエネルギーです。石油ストーブのような直接エネルギーを発する暖房

  から、太陽光発電の床暖房に変えるだけでも、資源の節約、二酸化炭素の排出を防ぐといったエコにも

  しっかりと貢献出来るわけです。 また、太陽光発電で得た電気は売電することができます。

  今の時代だからこそ早急に太陽光発電へ転換が必要だと考えられています。

 

Valuable information

中野で評判の良い皮膚科

卓上カレンダー作成

tシャツ プリント

フランクミュラー

東京で遺品整理のお手伝い